SSブログ

ジャークソニック90ES [最新入荷情報]

ウォーターランド ジャークソニック90 ヘビーウェイト 7色 ¥1,848-(税込)
210427-9-1.jpg

お待たせしました!巷で売り切れ続出中のジャークソニックが入荷いたしました。
今回は90mmのシンキングモデル。12.5gと、通常のシンキングミノーより重めの設定です。
とはいえ、よくある飛距離を重視しただけのミノーではありません。そこは流石の王様プロデュース、ミノーに必要な要素はバッチリ詰め込まれています。

「〇〇ホロ」といった釣り人を惑わすカラーは無く、潔くメッキとパールをベースにしたカラーラインナップは、逆に迷う余地を無くし、シンプルにカラーセレクトができます。

そして、フラットサイドのボディと相まって、強烈なフラッシングを発生させます。これは光に反応するデイゲームのシーバスでは強力な武器になります。

加えて、固定重心なのでレスポンスも良く、着水からすぐにアクションさせることが可能です。あくまで個人的な見解なのですが、いわゆる「落ちパク」といわれる着水直後のバイトは飛んでいるルアーの影、若しくは光をチェイスしてからのバイトだと思っています。そのバイトを誘発するには、着水直後のアクションが大事なんですね。

ストラクチャー際の水面まで追い込まれて、急に方向転換するベイトフィッシュ食い、それが「落ちパク」の理屈だと思っています。それにはやはり固定重心のミノーが圧倒的に強いです。ジャークソニック90HWは飛行姿勢もすこぶる良くて、キャストのコントロールも他の固定重心ミノーを圧倒します。

ここまででしたら、ベテランの方なら「ビーフリーズとかアスリートでもいいじゃん。CD-9も使えるね。」と思うかもしれません。が、これらのミノーとの決定的な違いがアクションです。確かにキャストは練習を重ねたり、立ち位置を工夫することでどうにかなる事が多いです。しかし、ルアーをのおのが持つアクションだけはどうにもならないんですよね。

ジャークソニック90HWはその自重と低重心を生かしたダート性能と、高速リトリーブにも耐えるバランスが武器です。ハイギアのリールは思いっきり早く巻いても細かいピッチでしっかり泳いでくれます。そしてジャークすると、左右にキレッキレのダートをしてくれます。

メタルバイブの持つフラッシングとタイトなアクション、ワインドのようなダート性能を持ち合わせたミノーがジャークソニック90HWです。

なんて書いてたら、ふと思いついたのですが、これは夏の風物詩、シイラゲームでは反則技になりそうですね。シングルフックに変えて、流木にヒョイっとなげてジャークジャーク。あの青いイナズマが直撃すること間違いなしです。よし、今年の夏はシイラだぁ!


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。